破産手続が開始した場合、生活面で何か制限されることはありますか。

破産手続開始決定によって債務者は破産者となり,破産者は手続が終わるまでの間,財産の管理処分権を失い、裁判所に選任された管財人が破産者の財産管理権を取得して破産者の財産を処分することになります。もっとも、同時廃止手続きでは、破産開始決定と同時に破産手続きが廃止されるので、破産者の財産管理権は制限されません。
また,管財人が選任される(少額)管財手続では,財産管理権の制限に加えて、①居住に関する制限(旅行や転居には,裁判所や管財人の同意が必要。)②郵便物の受取制限(破産者宛の郵便物は,管財人に転送され内容を検査されます。)③管財人の調査に協力する義務があります。これらの制限は時廃止手続きではありません。

アクセス

JR川崎駅東口 徒歩9分

川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通りビル5階(地図はこちら

交通

  • JR川崎駅東口 徒歩9分
  • 京急川崎駅中央口 徒歩10分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

川崎を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート