妻が重度の統合失調症にり患して回復の見込みがないと主治医から言われています。このような場合には、民法770条1項4号に該当する場合として無条件に裁判所は妻との離婚を認めてくれるのでしょうか。

最高裁判所は、昭和33年7月25日の判決で「民法は単に夫婦の一方が不治の精神病にかかった一事をもって直ちに離婚の訴訟を理由ありとするものと解すべきではなく、たとえかかる場合においても、諸般の事情を考慮し、病者の今後の療養、生活等についてできる限りの具体的方途を講じ、ある程度において、前途に、その方途の見込みのついた上でなければ、ただちに婚姻関係を廃絶することは不相当と認めて、離婚の請求は許さない法意である」と判示し、親族等による引受態勢ができている場合、離婚請求者が離婚後の扶養看護に全力を尽くすことを誓約している場合、財産分与によって療養費や生活費の相当額が確保される場合や国の保護による療養が確保されている場合などに限り、裁判所はかかる場合の離婚請求を認めています。

アクセス

JR川崎駅東口 徒歩9分

川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通りビル5階(地図はこちら

交通

  • JR川崎駅東口 徒歩9分
  • 京急川崎駅中央口 徒歩10分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

川崎を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート